So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

縦断連載について その2 [ポケモン・ポケスペ]

 縦断連載のメリット、デメリットについて考えたいと思います。

 まず、内容構成的なメリットとして、複数の視点を同時進行で描くことができる点が挙げられます。この点はさらに二方向の利点を追求できます。一つは、同時刻に別の場所で起きた出来事を同時に描くことができる点です。前述の例では、第二章の組分け等が該当しますが、同月に複数の雑誌で連載=「同時刻に別の場所で」をメタ的に再現することができるのです。

 もう一つは、複数の主人公の活躍をある程度偏りなく描写できることです。第四章のルビーとサファイアのクロスオーバーストーリーがまさに当てはまります。1誌連載では、物語に一貫性を持たせるため、どうしても1人の主人公に主役を絞った展開になってしまいます。ゲーム第三世代以降は、男女両方の主人公が選べるようになったため、男の子と女の子両方の図鑑所有者を活躍させる必要が出てきました。その意味でも第四章の縦断連載は、ゲーム要素に満たす連載方法として十二分に活かされています。
 しかし、縦断連載が維持できなくなってきた第十章では、ブラック主体で話が進みます。途中、ホワイトと別行動になった際も、ポケファンでホワイトの話が掲載されましたが、サイドストーリー扱いが否めません。第十四章でも、サンがメインでストーリーが展開されています。これはやはり、コロイチが男児向け雑誌であるためでしょうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)